CATEGORY

予備校講師紹介

  • 2020年11月25日

矢田弘巳の出身大学は?メディカルジャパンを立ち上げた元代ゼミ講師

・矢田弘巳先生の出身大学 ・矢田弘巳先生の現在 ・矢田弘巳先生にYouTubeチャンネルについて   元代々木ゼミナールの講師である矢田弘巳先生。 今、2019年に開設されたYouTubeチャンネルが非常に人気を集めています。   しかし、現在は代々木ゼミナールを辞めてしまってい […]

  • 2020年10月27日
  • 2020年11月27日

寺島よしきは東進出身?授業が神と評判の英語講師がただよびに!

・寺島よしき先生の基本プロフィール ・寺島よしき先生の評判 ・ただよびでどのような授業が公開されるのかについて   2020年10月27日に、ただよびに新しい英語の講師が加入することが発表されました。 注目の講師は、寺島よしき先生です。 【重大発表💯】#ただよび 文系チャン […]

  • 2020年10月9日
  • 2020年10月18日

【河合】ただよびの講師陣が豪華すぎる!科目別に徹底紹介【東進】

受験生 ただよびの動画で受験勉強をしようと考えているのですが、どんな人が授業を配信しているのですか?教えてください。   2020年4月に開設されて以来、文系・理系チャンネル合わせて、20万人以上のチャンネル登録者数を突破しているただよび。 有名予備校に顔負けしないような、高品質の授業を受 […]

  • 2020年10月2日

谷口貴仁がただよび数学講師に就任!河合塾の人気講師の授業が無料で

・谷口貴仁先生のプロフィール ・谷口貴仁先生の評判 ・ただよびでどのように授業が展開されるのかについて   永島豪先生の辞任により、2020年8月18日を最後に更新がストップしていたただよびの数学授業ですが、2020年10月1日についに後任の講師が発表されました。 その講師は、谷口貴仁先生 […]

  • 2020年9月27日

鈴木悠介がただよびデビュー!予備校マニアの世界史講師がついに

・鈴木悠介先生の基本プロフィール ・鈴木悠介先生の授業の評判 ・鈴木悠介先生の今後の授業について   2020年9月25日、大人気のYouTube予備校、“ただよび”に日本史の田中結也先生と、世界史の鈴木悠介先生が加入することとが、正式に発表されました。 【重大発表💯】#た […]

  • 2020年9月26日
  • 2020年9月28日

【ただよび】田中結也って誰?駿台を中心に人気を集める日本史講師

・田中結也先生の基本プロフィール ・田中結也先生の評判 ・田中結也先生の今後の授業   2020年9月25日に、大人気無料予備校である“ただよび”に、日本史の田中結也先生、世界史の鈴木悠介先生が正式加入することが、決定しました。 【重大発表💯】#ただよび ついに 《日本史》 […]

  • 2020年9月3日
  • 2020年9月12日

志田晶がただよびを批判?娘は志田未来?東進の人気数学講師

・志田晶先生がただよびを批判した真相 ・志田晶先生の娘について ・志田晶先生の評判   東進ハイスクールで人気No.1数学講師とよばれている、志田晶先生。 1995年に、河合塾で本格的に予備校講師として活躍して以来、今までに数多くの生徒を、合格へと導いた実力派講師です。   そん […]

  • 2020年8月2日
  • 2020年9月7日

【ただよび】若原周平って誰?河合塾の超人気講師がついに!【化学】

・若原修平先生の基本プロフィール ・若原修平先生の評判 ・ただよびの化学授業、今後の公開予定   2020年7月31日(金)に、もりてつこと森田鉄也先生よりただよびに関して、重大発表がありました。   ただよび理系チャンネルに、化学の追加が決定しました。 化学といえば、数学に続い […]

  • 2020年6月28日
  • 2020年7月24日

宗慶二が東進を辞めた理由は?関西のイケメン現代文講師【ただよび】

・宗慶二先生が東進や河合塾を退職した理由 ・宗慶二先生の経歴 ・宗慶二先生の授業の評判   現在もチャンネル登録者数が激増中の“ただよび”ですが、ついに現代文の授業が開講されることが、決定しました。   講師は、河合塾や東進ハイスクールで活躍された(映像授業は現在も公開中)、宗慶 […]

  • 2020年4月25日
  • 2020年4月25日

吉野敬介は大腸がんで死亡?東進やめてただよび転職の実力派講師

・吉野敬介の病状について ・吉野敬介の実力について ・吉野敬介の現在について   吉野敬介先生といえば、代々木ゼミナールや東進ハイスクールにて、古文の講師として大活躍したことは、記憶に新しいと思います。 しかし、現在はどちらの講師も辞めております。 その状況から、死亡説まで流れている吉野敬 […]