CATEGORY

勉強論

  • 2020年5月20日

【保護者必見】成績が伸びない生徒9つの特徴を徹底解説【要改善】

お母さん うちの子の成績、どうも伸びないのよね。塾にも行かせているんだけどね。塾を変えた方が良いのかしら? 子どもの成績が伸びず、悩んでいる保護者の方は、多いと思います。 もし塾に通わせているのであれば、「自分の子に塾が合っていない」と考えるのも、当然のことでしょう。 しかし、原因が塾にあると考える […]

  • 2020年5月17日
  • 2020年5月31日

定期テストで5教科400点とるのは簡単!勉強法を徹底解説

この記事は基本中学生向けに、執筆していますが、高校生であっても、実践していただける内容となっています。大学入試改革において、大学入試においても、学校での成績を見られるようになります。高校生であっても、定期テストの勉強法に悩んでいるのであれば、参考にしてください。   お母さん うちの子、今 […]

  • 2020年5月4日

Audible(オーディオブック)の評判は?無料体験で本がもらえる!

慶史 教育系YouTuberの多くの人が、読書の重要性を説いている中で、今流行りつつあるのが、amazonが提供するサービス、「Audible」です。サービスを利用しようか考えている人のために、使用感などをお伝えしていきます。 耳で聞く読書として、注目を集めているaudiebleですが、やはり今まで […]

  • 2020年4月27日
  • 2021年4月4日

【ぶっちゃけ】TOEIC600点代にするのって難しいの?【簡単】

慶史 「会社からTOEICで600点以上、点数をとるように命令されたんですけど、そんなに簡単にとれるの?どうやって勉強したら良いの?」こういった悩みを解決していきます。   社会人の必須スキルの1つなっている、TOEICテスト。 会社によっては、600点以上のスコアをとることを命じてくるこ […]

  • 2020年4月25日
  • 2020年4月25日

吉野敬介は大腸がんで死亡?東進やめてただよび転職の実力派講師

・吉野敬介の病状について ・吉野敬介の実力について ・吉野敬介の現在について   吉野敬介先生といえば、代々木ゼミナールや東進ハイスクールにて、古文の講師として大活躍したことは、記憶に新しいと思います。 しかし、現在はどちらの講師も辞めております。 その状況から、死亡説まで流れている吉野敬 […]

  • 2020年4月20日
  • 2020年4月30日

【これだけでOK】転職に必要な英語の資格3選

・転職の際に役立つ英語資格の紹介   以前は、転職に必須の資格といえば、運転免許証だったと思います。 しかし、今では運転免許証はそこまで重要視されなくなり、それ以上に評価されやすくなったのが、英語の資格ではないでしょうか。   小学校で英語が教科化されるなど、英語の重要性がますま […]

  • 2020年4月16日

関正生先生はアイドルと親密?英単語が超覚えられる解説が人気

・関正生先生とアイドルの関係について ・関正生先生の授業について   スタディサプリ(スタサプ)で、超人気英語講師として、活躍している関正生先生。 英語の授業は本当に分かりやすいと評判です。   そんな関正生先生ですが、アイドルとの関係が噂されているとも? 今回は、関正生先生とア […]

  • 2020年4月11日

安河内哲也先生の評判が良くない!?東進のカリスマ英語講師

・安河内哲也先生の評判について ・安河内哲也先生の授業について ・安河内哲也先生の参考書   東進ハイスクール人気の立て役者の一人とも言える、安河内哲也先生。 「英語なんて言葉なんだ、やれば誰だって出来るようになる」という名言を残し、4技能を伸ばすことの必要性を、伝え続けている、カリスマ講 […]

  • 2020年4月6日
  • 2020年4月5日

勝ち組確定!?社会人が英語を勉強する3つのメリット

・社会人が英語を勉強するメリット   2020年度より、英語の学習が小学5年生から必修化され、英語教育の重要性がますます注目され始めました。 これにより、日本も今後、ますます国際社会になっていくでしょう。   とはいえ、それは今の子どもたちの問題であり、すでに大人になっている社会 […]

  • 2020年4月5日
  • 2020年4月5日

【悲報】学校の英語授業はオワコン!正しい勉強法を分かりやすく解説

・英語の正しい勉強法 ・英語の勉強を継続する秘訣   英語は、全世界の15億人以上が使用している言語です。 世界の人口が73億人ですので、単純計算で、英語を話すことができれば、全世界の5人に1人の人と、コミュニケーションをとることが、できることになります。   英語はそれほど、魅 […]