投資必勝法!これであなたもお金に困らなくなります【米国株】

困っている人
最近投資はした方が良いと言われるけど、本当ですか?投資は損するイメージしかないけど・・・。

 

投資と言われると、損するイメージを持つ人が多いと思います。

特に日本人は昔から貯蓄を好む傾向が強く、銀行に預けていてもそれなりの利子がつく時代もあったため、投資は不要だと考える傾向が強いです。

 

しかし、現在は昔とは状況が大きく異なり、投資をしていかないと老後の資金が危ないと言われる時代になってきました。

では、投資は本当に損する可能性が高い行為なのでしょうか?必勝法はないのでしょうか?

今回は、投資必勝法が存在するのかどうかと、有効な投資方法について、解説していきます。

 

投資必勝法は存在する?

投資といっても、さまざまなものがあります。

 

・株

・国債

・投資信託

・不動産投資

・iDeCo(個人型確定拠出年金)

 

それぞれの投資には、リスクは大きいが利率も高いもの、リスクはないがリターンも少ないものと、さまざまな特徴があります。

結論から言えば、日本の国債に投資をしておけば、損する可能性はほぼないでしょう。

困っている人
日本国債に投資すれば損しないんですね!じゃあそれにたくさん投資します。

 

たしかに損する可能性がないと言われれば、そうしようと考えてしまいますが、国債は利率が非常に低いので、投資を続けてもあまり利益がでません。

残念ながら、あまり満足いく結果が出ることはないでしょう。

困っている人
利益があまり出ないのなら、ちょっとなぁ・・・利益が確実に出て、リターンもしっかりある投資先を教えてください。

 

残念ながら、他の投資先に関しては、どれも損する可能性があります。

ですので、国債以外で、確実に利益を出す方法はありません

絶対に損をせずに投資をしたいのであれば、日本国債への投資をメインに考えるしかないでしょう。

 

【米国株】投資で利益を出すための具体的な方法【長期投資】

困っている人
やっぱりそんなに都合の良い投資はないんですね。諦めてコツコツ国債に投資していくか。

 

たしかに、確実に利益を出す方法はありません。

しかし、日本国債以外にも、かなりの確率で損せずに利益を出す方法はあります

利益に関しても、国債よりは多く出すことができるでしょう。

 

その具体的な投資方法は次の3つです。

 

・長期投資

・インデックス投資

・米国株への投資

 

それぞれ解説していきます。

長期投資

そもそも投資で失敗している人の多くが、短期的な利益ばかりを目的にしてしまいます。

短期的な利益を目的にしてしまうと、次のような行動をしやすくなります。

 

・高い金額を一気に投資する

・ある程度利益が出ると、満足して利益を確定してしまう

・逆にちょっとでも損失が発生すると、すぐに損切りしてしまう

 

これらの行為は、結果として大きな利益につながる場合や大きな損失を防ぐことに、つながることもありますが、多くの場合チャンスを逃してしまいます。

困っている人
でも、損切りする勇気も大切ってよく聞くけど。

 

もちろん、状況によっては損切りは必要です。

しかし、過剰な損切りは結果として利益を得るチャンスを逃すことになります

慶史
例えば、リーマンショックの時には日経平均株価は、半年で約半分になりましたが、すぐに回復し、現在の平均株価は当時の株価を大幅に上回っています。つまり、その当時損切りした人は、結果的にかなりの損をしたことになります。

 

長期投資を目的としている場合、ゴールが何年も先になっているため、ちょっとやそっとの損では動じなくなります。結果として利益が出しやすくなるのです。

インデックス投資

投資にはインデックス投資とアクティブ投資がありますが、利益をより確実に出せるのはインデックス投資です。

困っている人
そもそもインデックス投資ってなんですか?

 

インデックス投資とは、指数に連動するファンドへ投資することです。

慶史
指数とは“日経平均”、“TOPIX”、“ダウ平均”などの値動きを意味します。

 

値動きに合わせて投資するということは、市場の動向に合わせた投資をすることになるので、大きな利益になる可能性は低いかもしれません。

一方で、自分の感情が入った投資にはならないので、市場が成長すれば自動的に利益がでることになります。

これほど精神的な負担が少ない投資は、他にないでしょう。

米国株への投資

困っている人
インデックス投資の有効性は分かりました、結局市場が成長しなければ、利益が出ないってことですよね?この先日本の経済は停滞するって聞きますけど・・・。

 

その通りで、経済の成長がなければ、インデックス投資は利益が出にくいと思います。

そして、日本の経済は少子高齢化に伴い、今後の大幅な成長が見込めないのも事実でしょう。

つまり、日本経済への投資は、成果が出ない可能性があると言えます。

 

しかし、それはあくまで日本に限った話で、世界全体で見れば、経済は今後も発展すると言われています。

そこで考えたいのが、米国株への投資です。

 

アメリカは世界経済の中心です。

つまり、世界経済が成長するということは、アメリカ経済も成長するということになります。

困っている人
でも、アメリカだって少子高齢化が進みますよね?ということは、アメリカ経済だって今のまま成長し続けるとは考えにくいと思うのですが・・・。

 

たしかに、アメリカでも出生率の低下による、少子高齢化は問題となってきています。

しかし、アメリカは日本とは違って、他民族国家です。

さまざまな場所から民族が移入してくるので、少子化が進んだとしても、人口が減ることはないと言われています。

 

つまり、人口の低下による経済活動の停滞が起こるとは、考えにくい状況なのです。

このことからも、米国株は有効な投資先の一つということが分かります。

慶史
結論として、米国株へインデックス投資で長期的に投資を続けるが、最も安定して利益を出すことができる投資方法となります。

 

正しい知識を持てば米国株への投資は怖くない

困っている人
米国株への投資が有効なのは分かりましたが、やっぱり為替相場の急変も怖いし、そもそも英語できないからアメリカのニュースとかよく分からないし・・・。

 

たしかに、為替相場の変動リスクはゼロとは言いません。

ただ、この10年間ドル円チャートを見ると分かるのですが、大幅な変動はありません。

チャート画像

引用:Yahoo!ファイナンス

 

特にここ数年は100円~120円の間でずっと安定しているのが分かると思います。

これは、どちらかの通貨が極端に安くなったり高くなったりするのは、両国にとってマイナスだからです。

つまり、為替変動はない方が良いのです。

この事実を知っておけば、為替変動を過度に恐れる必要はなくなります。

 

また、日本に住んでいると、海外のニュースはなかなか入ってきませんし、そもそも英語が分からないので、結局何が起こったのかよく分からない、という意見も聞きます。

これに関しても、短期投資であれば必要な情報になるでしょうが、長期投資の場合は、長い目での成長を見越しているので、短期的な出来事に過度な反応を示す必要はありません。

むしろ、よく分からないくらいの方が、余計な心配をしすぎることがないので、良いかもしれません

 

それでもどうしても気になるのであれば、英語の学習を始めるのも良いでしょう。

慶史
ただし、勉強をするのであれば有料教材を利用した方が良いです。経験上、無料のアプリなどを利用しても、学習を継続するのは非常に難しいです。私自身も、今はTOEIC試験に向けて有料教材を利用して、学習を続けています。

 

いずれにせよ、お伝えしたいのは、

 

正しい知識を持つようにする

 

ということです。

知識がなければ、いつまでも“投資=怖い”というイメージから脱却するのが難しくなります。

投資は正しい知識を持って行えば、あなたの人生をお金の心配から解消してくれます。

明るい未来のために、投資の勉強をしていきましょう。

困っている人
学習した方が良いのはわかるけど、具体的にどうやって勉強すればよいのでしょうか?

 

学習方法としては、いろいろとありますが、一番分かりやすいのは本を読むことでしょう。

投資に関する本はたくさんありますので、いくつか紹介します。

created by Rinker
¥1,540 (2020/08/05 05:08:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 

上記の本は、どれも初心者が読んでも分かるような構成になっていますので、オススメです。

 

また、本を読むのが苦手であれば、投資セミナーなどへ参加するのも良いでしょう。

これに関しては無料で実施されているものも多いですが、だいたいが自社製品を買ってもらうためのセミナーなので、できれば有料のものへ参加するようにしてください。

 

まとめ

今回は、投資必勝法が存在するのかどうかと、有効な投資方法について、解説していきました。

もう一度整理すると、

 

・日本国債に投資を続ければ、損する可能性はほぼないが、それだけでは利益はあまり期待できない。

・投資で成功するコツは、長期投資・インデックス投資・米国株投資である。

・投資について勉強すれば、投資の成功確率は大幅に上昇させることが可能。

 

となります。

投資の知識をしっかりと身につけ、老後にゆとりある生活を目指して行動していきましょう。

最新情報をチェックしよう!