スタサプTOEICのテキストは購入した方がよい?使い方も徹底解説

困っている人
スタサプで英語の学習しようと思っているのですが、調べるとテキストの購入は強制じゃないんですね。実際、買った方が良いのでしょうか?あと、効率的な使用方法があれば、教えてください。

 

スタサプTOEICは月額2980円で利用できる、学習サービスです。

その使いやすさから、利用している人が増えています。

 

しかし、スタサプTOEICはテキストがなく、希望者は別途購入する必要があります。

強制なら仕方ないと思い購入するでしょうが、希望制と言われると、どうしようか悩んでしまいますよね。

 

今回は、スタサプTOEICのテキストが必要かどうか、アプリの効果的な利用方法、評判について、解説していきます。

 

スタサプTOEICは購入した方が良い?

スタサプTOEICはアプリで学習を進めるのが基本ですが、アプリの内容に準拠したテキストを購入することも可能です。

同時に利用すれば「点数がさらに30点上がる」と、公式で言われているくらい、自信をもって発売されている商品です。

 

それもそのはず、テキストを作っているのは、TOEICで何度も満点を獲得しており、英語に関する参考書を50冊以上執筆している、関正生先生です。

関連記事

・関正生先生とアイドルの関係について ・関正生先生の授業について   スタディサプリ(スタサプ)で、超人気英語講師として、活躍している関正生先生。 英語の授業は本当に分かりやすいと評判です。 […]

 

そのような先生が作ったテキストですから、購入して失敗することはないでしょう。

ですので、アプリの勉強よりも加味のテキストを利用した方が勉強しやすいと思うのであれば、購入した方が効率よく学習できます。

とはいえ、絶対に購入しないといけないのかどうかと言うと、そんなことはないです。

慶史
実際私は、購入せずにスタサプを利用し続けています。今のところテキストがなくても、問題はありません。

 

テキストを購入しなくても良い理由は次の3つです。

 

・テキスト内容は、アプリとほぼ一緒

・費用が割高

・冊数が多いため、持ち運びが不便

 

アプリとほぼ同じような内容でありながら、テキスト自体は市販の参考書に比べると割高になっているので、費用対効果は決してよくありません

慶史
テキストを全て購入すると2万円程度かかります。

 

しいて言えば、part3、part4の図表問題とpart6、part7の長文問題はアプリでは若干見にくいので、テキストの方が良いかなと思いますが、それでもアプリのみでも十分に学習は可能です。

基本はアプリのみの利用でOKですが、テキストがあった方が勉強しやすいと感じるのであれば、テキストを購入してください。

 

これで完璧!スタサプTOEICの正しい使い方を徹底解説

では、ここからはアプリのみを利用した、具体的なスタサプTOEICの使い方について、解説していきます。

スタサプTOEICには、次の機能が搭載されています。

 

・パーフェクト講義

・実戦問題集

・実戦問題集NEXT

・TEPPAN英単語

・パーフェクト講義ー英文法編

・基礎講座

・1分クイズ

 

それぞれについて、解説していきます。

パーフェクト講義

パーフェクト講義では、part1~part7について、例題から演習問題まで数多くの演習が可能となっています。

part1~part4のリスニングパーツでは、次のようなトレーニングができます。

 

・例題(問題演習)

・動画講義(一部のみ)

・単語、イディオムチェック(part3、part4のみ)

・ディクテーション

・本文チェック(part3、part4のみ)

・シャドーイング

 

スタサプTOEICで特徴的なのが、ディクテーションとシャドーイングです。

慶史
ディクテーションとは、リスニングで流れる英文をそのまま書き取る学習方法となります。

 

ディクテーションはリスニングを強化する上では、非常に有効な学習手段ですが、紙とペン、またはリスニングのスクリプトが必要となるため、自分からやるのには意外とハードルが高い学習方法となっています。

しかし、スタサプTOEICであれば、アプリ一つで簡単にディクテーションができます

 

また、シャドーイングには録音機能があるため、後で自分の発音を聞くことができます。

これにより、自分の発音がお手本とどう違うのかが具体的に分かるので、こちらも非常に良い機能です。

 

正直この2つの機能があるだけでも、十分利用する価値があると言えます。

問題量もかなり豊富なので、毎日コツコツと続ければ、確実にTOIECのスコアアップを目指すことができます。

 

また、part5~part7のリーディングパートは基本は、次の通りです。

 

・問題演習

・動画講義(一部のみ)

・単語、イディオムチェック(part6、part7のみ)

・本文チェック(part6、part7のみ)

・スピード音読(part6、part7のみ)

 

これもスピード音読に関しては録音が可能ですので、後で自分の発音をチェックすることができます。

長文問題の基本は、音読なので、これも非常に嬉しい機能です。

実戦問題集、実戦問題集NEXT

実戦問題集には、それぞれ200問の問題が収録されています。

それぞれvol.10まで用意されているため、合計で200×20冊=4000題の問題にチャレンジすることができます。

しかも、リスニングにはディクテーション、シャドーイング機能が搭載されていますので、全てをこなすことができれば、リスニング力は相当つきます。

 

パーフェクト講義終了後は、どんどん問題演習を行いましょう。

TEPPAN英単語

スタサプTOEICでは、英単語学習もスムーズに行うことができます。

目標点数に応じて必要な単語が分けられているので、自分が必要なところまで学習すればOKとなっています。

 

機能としては、単純な4択の単語テストとなっており、いたって普通なのですが、重要単語については、関正生先生の解説がついており、これを読むだけでも単語の理解が深まります。

単語の暗記が苦手な方にとっては、覚えるための良いヒントになります。

パーフェクト講義ー英文法編

英文法編は、名前の通り英文法の学習が可能となります。

一単元の学習の流れは以下の通りです。

 

・例題

・動画講義

・問題演習

 

基本はパーフェクト講義part5と同じ流れになりますが、問題演習の前半5問は通常4択の問題が2択問題となっているため、理解ができているかどうかを、しっかり確認することができます。

基礎講座

基礎講座は、そもそも中学校レベルの英語から理解ができていない人に向けて作られた講座です。

TOEICのスコアで言えば、300点以下の人であれば、まずはこの基礎講座でしっかりと学んだ方が良いでしょう。

 

逆に言えば、それ以外の方は、特に利用する必要のない機能です。

1分クイズ

こちらは息抜き用に作られた機能となります。

英語に関するミニ知識を、クイズ形式で学ぶことができます。

休憩したいときには、利用してみても良いでしょう。

 

スタサプTOEICの評判は?

最後に、スタサプの評判をまとめておきます。

TOEICの勉強はスタサプだけで十分という声が多いです。

 

単語の勉強も楽しくできるようです。

 

一方で、実戦問題に関しては、後半になると難しすぎるという声もあります。

 

ただ、アプリに関しては圧倒的に良い評判が多いです。

そしてスマホアプリの最大の利点は、継続しやすいことでしょう。

 

TOEICの点数を本気で伸ばしたいのであれば、利用する価値は十分にあると言えます。

気になる方は、まずは1週間の無料体験から試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、スタサプTOEICのテキストが必要かどうか、アプリの効果的な利用方法、評判について、解説していきました。

もう一度整理すると、

 

・スタサプTOEICはのテキストは非常に分かりやすいが、アプリだけでも十分学習できる

・スタサプTOEICのディクテーション、シャドーイングの機能を使えば、効果的な学習ができる

・スタサプTOEICは、良い評判が多い

 

となります。

英語学習は継続が一番大切です。

スタサプTOEICを利用して、継続的に英語学習を続けていきましょう。

最新情報をチェックしよう!