ただよびビジネスがついに開講!第一弾は陳氷雅による中国語講座

・ただよびビジネスとは

・陳氷雅先生について

・ただよびビジネスの今後

 

2021年8月25日にただよびからビジネスチャンネルが開講されることが発表されました。

 

ただよびと言えば大学受験を目指す生徒を対象とした授業を提供するコンテンツとして有名ですが、この発表により、受験生だけではなく社会人を対象とした授業も公開していくことが決まったことになります。

そしてその第一弾として開講されたのが、美人中国人講師陳氷雅先生による、中国語講座です。

 

そんな新しいことに挑戦を始めたただよびですが、ただよびビジネスは一体どのようなチャンネルなのか、そして中国語講座を担当する陳氷雅先生はどのような先生なのか気になるところですよね。

そこで今回は、ただよびビジネスの概要と陳氷雅先生がどのような先生なのかについて、解説していきます。

 

ただよびビジネスとはどんなチャンネルなの?

ではさっそくただよびビジネスはどんなチャンネルなのかを確認していきましょう。

ただよびビジネスは、一言で言えば、

 

自らのスキルを磨くことで、豊かな人生を送ることに繋げる

 

ことを目的に開設されたチャンネルです。

平均寿命がどんどん伸びている現在では、生涯学習が当たり前になりました。

 

とはいえ、社会人になると、学校に通う時間を取るのも難しいですし、通う時間が取れたとしても、多大なお金を時間がかかってしまいます。

もちろん、それだけの時間やお金を使う価値があると判断すれば、それでも良いと思いますが、できればお金や時間をあまりかけずに学習したいと考えている人が多いのは事実でしょう。

ただよびビジネスでは、そんな人たちの要望に応えるために、

 

・スキマ時間を使って気軽に

・効率よく

・無料で(今後有料化の可能性はあり)

 

学習できる環境が整っています。

まだスタートしたばかりのチャンネルのため、講座数は少ないですが、今後多くの動画が用意されることは間違いありません。

 

今後の発表に注目しましょう。

 

メソッドが大人気?ただよびビジネスで中国語を担当する陳氷雅先生とは

ただよびビジネスについてわかったところで、第一弾として開講された中国語講座を務めている、陳氷雅先生がどのような先生なのか、見ていきましょう。

陳氷雅先生について、簡単なプロフィールは次の通りです。

名前 陳氷雅
出身 中国浙江省温州
生年月日 1987年(年月不明)
出身大学 早稲田大学
肩書き 日中友好筆談普及協会 代表
主な著書 『ゼロからカンタン中国語 簡体字ワーク』

『筆談で覚える中国語』

『3分でつかむ!超実践中国ビジネス会話のコツ』

 

2007年に上海で中国語を教え始め、その後2010年に来日し、早稲田大学に入学しました。

大学を卒業した後、2014年には“氷雅の中国語塾”を主宰し、日本でも本格的に中国語を指導する日々がスタートしました。

 

陳氷雅先生は、かなりの実績も残しており、陳氷雅先生の講座を受講した人の99%が、HSKと言われる中国語検定に合格しています。

慶史
級別になっていますが、もちろん最難関(5級)への合格者も多々輩出しています。

 

このことからも、中国語の指導については、かなりの実力があることが分かります。

「中国語を話せるようになりたい!」と考えていた人は、かなり期待して良いでしょう。

 

なお、授業に関しては、“HYOGA式”と呼ばれるメソッドを取り入れております。

そこには、

 

・ずぼら

・最速

 

というテーマが取り入れられています。

慶史
このことからも、忙しい社会人にはぴったりであることが分かりますね。

 

まずは一度、陳氷雅先生の講義を聞いてみてください。

 

なお、中国語の講義については、以前別のチャンネルでも公開されています。

気になる方は、そちらもチェックしてみてください。

 

慶史
ただよびビジネスを利用すれば、中国語の基礎を身につけることができるのは、間違いありません。初心者の方も、まずは無料で気軽に中国語講座を受講してみてください。

 

YouTube

第一弾は中国語! これから色々なコンテンツが誕生!? ぜひチャンネル登録お願いします!! 動画アップは毎週木曜日18時…

 

ただよびビジネスの今後を徹底予想!

まだ中国語講座しか開講されていないただよびビジネスですが、今後どのような講座が開講されるのか、気になりますよね。

最後に、ただよびビジネスで今後開講される可能性がある講座について、見ていきましょう。

慶史
とはいえ、実際にどのような講座が開講されるかは、発表されていませんので、完全に筆者の予想となります。

 

陳氷雅先生が、動画の中で

 

中国の歴史について

 

の講座を予定していると発言しているため、こちらについては、いずれ公開されることはほぼ間違いないでしょう。

また、陳氷雅先生は動画の中で「英語と中国語が話せれば、世界中の人と話せるようになる」と発言していることから、英語についてもTOEIC講座が開講されるのは、ほぼ間違いないと思って良いでしょう。

慶史
現在いる英語講師がそのままTOEICも担当するのか、別に講師を召集するのかは分かりません。

 

これは筆者の願望になってしまいますが、一度ただよびを辞任した森田哲矢先生にTOEICの講師として復帰してもらうのも面白いのではないかと思ってしまいます。

関連記事

・もりてつ先生がただよびをやめた理由 ・もりてつ先生がやめた後のただよびについて ・もりてつ先生の基本プロフィール   もりてつこそ、森山鉄也さんの声で始まった、無料予備校“ただよび”でしたが、[…]

 

可能性は高くないかもしれませんが、そのような動きにも期待したいですね。

 

その他、基本的にはビジネスチャンネルなので、仕事に役立つ資格系の講座が開講されることになるでしょう。

予想としては、

 

・FP

・宅建

・社労士

 

など、比較的需要の高い資格講座を準備していくのではないかと思います。

慶史
需要が低いものについては、YouTubeで動画を流しても再生回数が伸ばせないことはわかっているので、やらない可能性が高いでしょう。

 

そしてさらに、最終的にはただよびプレミアム同様、

 

有料化

 

を目指すのは間違いないでしょう。

慶史
資格系の講義は無料で利益にするのは不可能なので、有料化は当然の流れとなるでしょう。

 

流れはただよびと同じで、基礎・基本を無料動画で取得したのに、有料動画で本格的な資格合格を目指すという流れになる可能性が高いです。

ただ、それでもただよび同様、低コストで学びの機会を提供する努力をしてくれることは間違いありません。

 

大人も子どもも学べる環境を提供する。

ただよびが誰もが楽しめるコンテンツになる日はそう遠くないでしょう。

 

YouTube

第一弾は中国語! これから色々なコンテンツが誕生!? ぜひチャンネル登録お願いします!! 動画アップは毎週木曜日18時…

 

まとめ

今回は、ただよびビジネスの概要と陳氷雅先生がどのような先生なのかについて、解説していきました。

もう一度整理すると、

 

・ただよびビジネスは忙しい社会人がスキマ時間で学べるコンテンツになる

・ただよびビジネス第一弾の陳氷雅先生は、かなりの実績の持ち主である

・ただよびビジネスは今後の資格試験を中心に講座が開講される可能性が高い

 

となります。

ただよびビジネスの今後の発展に注目していきましょう。

最新情報をチェックしよう!