吉野敬介は大腸がんで死亡?東進やめてただよび転職の実力派講師

・吉野敬介の病状について

・吉野敬介の実力について

・吉野敬介の現在について

 

吉野敬介先生といえば、代々木ゼミナールや東進ハイスクールにて、古文の講師として大活躍したことは、記憶に新しいと思います。

しかし、現在はどちらの講師も辞めております。

その状況から、死亡説まで流れている吉野敬介先生ですが、現在どのような状況なのでしょうか?

 

今回は、吉野先生の病状について、講師としての実力、現在の状況について解説していきます。

 

病気で死亡!?吉野敬介先生の病状

吉野敬介先生は2020年3月で、東進ハイスクールを退社となりました。

このことから、ネット上では、「病気で亡くなったのでは?」という不穏な噂も流れました。

それくらい、衝撃が大きかったということでしょう。

 

しかし、安心してください。

吉野敬介先生は、亡くなっていません

 

ただ、病気をされたのは事実で、2018年に初期の大腸がんであったことを、自身のブログで公表しています。

吉野敬介オフィシャルブログ「俺にまかせろ!」Powered by Ameba

ブログに書こうかどうか迷ったのですが、11月17日、友人の先生に検査してもらった結果が出ました。実は3日前に先生から電話…

 

幸いにも初期であったため、手術も無事に成功したことを、同じく自身のブログで公表しています。

吉野敬介オフィシャルブログ「俺にまかせろ!」Powered by Ameba

7日に手術した結果を聞きに病院に行ってきました。結果は早期の大腸がんでしたが、完全に切り取れたので安心しでくださいとのこ…

 

今でもお仕事されている姿を見ることができるので、元気でいらっしゃることがわかります。

油断はできないでしょうが、まだまだ元気に、古文の授業を世に届けてくれるは間違いありません

 

古文界のトップ講師!吉野敬介先生の実力

吉野敬介先生といえば、強面の古文講師として有名です。

 

見た目だけを見ると、本当に裏の世界の人かと思ってしまうほど、恐いですね。

授業もめちゃくちゃ厳しいのではないかと、不安に感じてしまいますね。

しかし、授業を受けたことがある人なら分かると思いますが、 実際はそんなことありません。

 

古文の知識を、分かりやすく何度も教えてくれる、非常に優しい先生です。

SNSでも、良い評判がたくさんあります。

 

長年予備校の古文講師として、トップに降臨し続けたその実力は、本物です。

古文の成績が伸び悩んでいる生徒は、参考書を買ってみたり、是非授業を受講してみたりすることをオススメします。

 

吉野敬介先生の授業が無料で見られる!?現在はただよびの校長に就任

参考書ならばまだしも、予備校に通うとなると、1講座7万円~10万円程度の費用がかかったりするので、ちょっと抵抗を感じてしまう人もいるでしょう。

実際、私も高校生時代には、それくらいの費用をかけて授業を受けていました。

 

しかし、ご安心ください。

2020年4月より開設された、YouTubeチャンネル“ただよび”で、吉野敬介先生の授業が、完全無料で視聴できるようになりました

 

これには、SNS上でも大きな反響があります。

 

まさに、教育業界に革命が起ころうとしている、と言えるでしょう。

今後の展開が、非常に楽しみです。

 完全無料動画を公開するようになった経緯

とはいえ、吉野敬介先生であれば、このまま一生、予備校講師として一定の活躍を続けることはできたはずです。

にもかかわらず、なぜわざわざ東進の予備校講師を辞めて、無料動画を公開しようと考えたのでしょうか。

 

その理由は、吉野敬介先生が

 

教育を無償化したい

 

という思いを持っていたからです。

 

先ほども説明しましたが、吉野敬介先生自身は、2020年3月をもって東進ハイスクールを退社することは、決定していました。

ただ、その段階では無料予備校を作ろうとまでは考えておらず、退社後の予定は、完全に未定だったようです。

 

そこで声をかけたのが、同じく2020年3月に東進ハイスクールを退社した、もりてつこと、森山鉄也先生です。

関連記事

・もりてつの基本プロフィール ・もりてつが東進を辞めてYouTuberになった理由 ・もりてつが開講した無料予備校、たたよびについて   もりてつこそ、森山鉄也さんは、河合塾や東進ハイスクールで[…]

 

もりてつ先生は、今のまま東進ハイスクールに所属していれば、収入は得られるかもしれないけど、自分のやりたいことはできないと思い、東進を辞め、現在開講されている、“ただよび”を作ることを決意しました。

しかし、「自分一人の力では、知名度を上げることはできない。」と考え、協力してくれる人を探していたところ、吉野敬介先生に声をかけた、ということです。

 

つまり、もりてつ先生の「自分のやりたいことにチャレンジしたい」という気持ちと、吉野敬介先生の「教育の無償化を実現したい」という思いが、完全無料の予備校“ただよび”につながったということです。

 

今後も吉野敬介先生の授業が、どんどん公開されていく予定です。

完全無料で古文をマスターするチャンスです。

古文の勉強に悩んでいる人はもちろん、吉野敬介先生の授業に興味がある人も、是非授業を受けてみてください。

 

無料で吉野敬介先生の授業を受ける

 

まとめ

今回は、吉野先生の病状について、講師としての実力、現在の状況について解説していきました。

 

もう一度整理すると、

 

・吉野敬介先生は、2019年に大腸がんの手術を受けたが、手術は成功し、現在は元気に活躍している。

・吉野敬介先生は、見た目は恐いが、生徒に分かりやすく古文を教えてくれる、実力派講師である。

・吉野敬介先生は、教育の無償化を実現するために、“ただよび”で動画の公開を始めた。

 

となります。

今後も“ただよび”で、多くの受験生を救ってくれるのは、間違いありません。

古文のレジェンド講師の授業を是非、受講してみてください。

 

不織布三層構造マスク

最新情報をチェックしよう!