KindleUnlimitedは1ヶ月無料で読書し放題!解約も簡単

・Kindle Unlimitedのサービス内容

・Kindle Unlimitedのデメリット

・Kindle Unlimitedの解約方法

 

今では、電子書籍を利用して読書をする方も増えていると思います。

中でも、アマゾンが提供するKindleは、多くの方が利用したことが、あるのではないないでしょうか。

そんなKindleには、“Kindle Unlimited”とよばれる月額読み放題サービスがあります。

 

今回は、定額制読み放題サービスである、Kindle Unlimitedのサービス内容、デメリット、解約方法について、解説していきます。

 

【10万冊以上】Kindle Unlimitedは1か月無料で読書し放題

Kindle Unlimitedは月額980円(税込)で、1ヶ月本が読み放題になるサービスですが、いくら読み放題でも、読める種類の本が少なければ、あまり意味のあるサービスではありませんよね。

慶史
実際、他にも読み放題のサービスを提供している会社もありますが、冊数が少ない場合や、マンガや雑誌のみの場合が多いです。

 

しかし、ご安心ください。

 

Kindle Unlimitedの場合、雑誌やマンガのみならず、ビジネス書や小説までさまざまな種類の本が揃っています

全部で10万冊以上の本が読み放題となるので、ジャンルを極端に限定しなければ、一生涯読み放題で本を楽しむことができるサービスとなっています。

 

しかも登録から1ヶ月は無料で試すことができるため、自分の読みたい本が読めるかどうか、不安があったとしても安心して登録ができます。

例えばこんな本が読めます

具体的にどのような作品が読めるのかを、紹介します。

小説で言えば、誰もが知っているであろう、『ハリーポッター』シリーズは読むことができます。

[J.K. Rowling, Yuko Matsuoka]のハリー・ポッターと賢者の石: Harry Potter and the Philosopher's Stone ハリー・ポッタ (Harry Potter)

 

ビジネス書で言えば、『バビロン大富豪の教え』は、お金の教養として、非常に役立つ知識を得ることができる本として有名です。

 

そのほかにも、数多くの漫画本や最新の雑誌など、それぞれのニーズに合った本が読めるようになっています。

読書好きな方にとっては、とても嬉しいサービスとなっています。

 

※Unlimitedに登録されている本は日々変わります。今回ご紹介した作品が、Unlimitedの対象外と変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

2ヶ月199円キャンペーンも実施中【終了月未定】

Kindle Unlimitedは、基本的に1ヶ月無料でご利用いただけるサービスですが、キャンペーンなどでさらにお得になる場合がございます。

今なら1ヶ月無料以外に、2ヶ月で199円を選ぶことも可能です。

 

通常2ヶ月利用すれば、初月無料+1ヶ月980円となりますが、このキャンペーンを利用すれば、2ヶ月199円(1ヶ月あたり約100円)でKindle Unlimitedを利用することが可能です。

本は一冊買えば、1,000円以上かかるのが普通ですので、1冊以上の本を読めば、十分に元が取れます。

日常的に本を読む習慣がある方であれば、間違いなくお得なキャンペーンと言えるでしょう。

慶史
ちなみに私もキャンペーンを利用しましたが、2ヶ月で雑誌も含めて50冊ほどの本を読みました。相当コスパよく読書ができたと思っています。

 

現在のところ、キャンペーン終了の日時が未定となっているため、明日には終了している可能性もあります。

読書が好きな方は、こちらのキャンペーンを是非、ご利用ください。

 

Kindle Unlimitedにデメリットはあるの?

ここまで、Kindle Unlimitedの良いところを、キャンペーンも含めて紹介してきました。

月額980円で、好きなだけ本を読むことができるのは、とても素晴らしいサービスだと思います。

 

とはいえ、デメリットが全くないのかというと、残念ながらないとは言えません

実際に使用した感じでは、次のようなデメリットがあります。

 

・1度に10冊しかダウンロードできない

・スマホでは読みにくい本もある

・全体的に古い書籍が多い

 

それぞれ解説していきます。

1度に10冊しかダウンロードできない

Kindle Unlimitedは、月額制で何冊でも読むことが可能ですが、1度にダウンロードできる本は10冊までと決まっています。

それ以上の本を読みたい場合には、いずれかの本のデータを返却する(その本は読めない状態になる)必要があります。

 

つまり、本のストックをすることができないので、例えば「後で読み返したいな~」と思ってデータを残しておくことが、難しくなります。

慶史
期限はないけどいつかは返さないといけない、図書館のような制度だと思ってください。

 

たしかにデータを残しおけないというのは不便だと思います。

1度消して、また読みたいときにダウンロードすることもできますが、そのときにその本がまだ、読み放題の対象になっているとは限りません

ですので、本当に何度も読みたいなと思った本があった場合は、また別途で購入するなどの工夫が必要になると思います。

 

とはいえ、本当に何度も読みたい本というのは、何冊もあるわけではないと思うので、実際はそこまで気になることはないでしょう。

スマホでは読みにくい本もある

スマホの画面は年々大きくなっているとはいえ、やはり実際の本よりは小さくなります。

多くの本はKindle用になっており、字の大きさも読みやすいようになっていますが、中には対策されていないものもあります。

 

また、やはり画面の小さいスマホで読み続けると、目が疲れるのは事実であり、その辺が負担になる可能性はあります。

長期的にKindleで読書を楽しみたいのであれば、電子書籍専用の端末を購入する必要があると言えます。

 

とはいえ、専用端末は値段が1万円前後のものがほとんどなので、読書を本格的に楽しみたいのであれば、初期投資としては、決して高いものではありません

全体的に古い書籍が多い

当然と言えば当然なのですが、Unlimitedに登録されている商品は、全体的に古い本が多いため、最近発売されたような本を読むことはできません。

ですので、元々読書が好きで、今までに多くの本を読んできた人にとっては、既に読んだことがある本が多いかもしれません

そういった方には、あまり魅力のあるサービスとは言えないかもしれません。

 

しかし、逆に言えば、と言えます。今まで読書の習慣があまりなかった人にとっては、過去の名作が何冊でも読めるので、メリットが大きい

 

Kindle Unlimitedの解約方法【1分以内に完了】

登録しようか迷う理由の1つとして、“解約が煩わしい”というものがあります。

たしかに、サイトによっては、登録手続きは簡単なのに、解約手続きは複雑になっていることもあります。

何度か解約に苦労した経験があると、慎重になってしまう気持ちは、とても分かります。

 

しかし、ご安心ください。

Kindle Unlimited の解約手続きはとても簡単です

手順は次の通りです。

 

1.検索エンジンで「Kindle Unlimited 解約」と検索する。

2.“Kindle Unlimited 解約ページ-アマゾン”をクリックする。

3.ログイン後、左側にでてくる“Kindle Unlimited 会員登録をキャンセル”をクリックする。

4.“メンバーシップを終了する”をクリックする。

 

以上となります。

kindleのアプリケーションから直接できないのは難点ですが、それでもほぼクリックのみで解約手続きを実行することができるので、負担になることはありません。

慶史
amazonは、その他のサービスにおいても、解約方法に関してはしっかりとサポートされているので、困ることはほぼありません。その点は非常に安心して、利用できます。

 

不要だなと感じれば、すぐに解約が可能ですので、少しでも興味を持った方は、まずは1度利用してみてください。

まとめ

今回は、Kindle Unlimitedのサービス内容、デメリット、解約方法について、解説していきました。

もう一度整理すると、

 

・Kindle Unlimitedは、10万冊以上の本が30日間読み放題になるサービスである。

・Kindle Unlimitedは、便利な機能が多いが、スマホで読むとなると字が小さくなるなどの、欠点もある。

・Kindle Unlimitedは、いつでも簡単に解約できる。

 

となります。

特に、これから読書をしていきたいという方には、オススメのサービスです。

是非一度利用してみてください。

最新情報をチェックしよう!