【ぶっちゃけ】TOEIC600点代にするのって難しいの?【簡単】

慶史
「会社からTOEICで600点以上、点数をとるように命令されたんですけど、そんなに簡単にとれるの?どうやって勉強したら良いの?」こういった悩みを解決していきます。

 

社会人の必須スキルの1つなっている、TOEICテスト。

会社によっては、600点以上のスコアをとることを命じてくることもあると思います。

 

とはいえ、そんなこと急に言われても、どうすれば良いのか分からないという人も多いでしょう。

そこで今回は、TOEICテストで600点代をとることの難易度と、具体的な勉強法について、解説していきます。

 

TOEICテストの基本情報

慶史
知らない人のために、まずはTOEICの基本情報を確認しておきましょう。

TOEIC基本情報

テスト名 TOEIC L&R
試験回数 年10回(1,3,4,5,6,7,9,10,11,12月)
受験料 5,830円(税込)
問題数 200問(リスニング100問、リーディング100問)
制限時間 120分(リスニング45分、リーディング75分)
試験方式 マークシート
合計点数 990点満点マークシート
TOEICといえば、正確には3種類のテストがあるのですが、大学生や社会人が受けているTOEICテストのほとんどが「TOEIC L&R」となります。
おそらく企業側が求めているスコアに関しても、この「TOEIC L&R」となりますので、お間違いないようにお気をつけてください。
TOEICはほぼ毎月試験があるため、いつでも受験が可能なことが、大きな特徴の1つです。
慶史
試験が年中あるため、いつからでも対策がスタートできるのが嬉しいですね。「試験日まで時間がない!」と焦って対策をするなんてことはありません。
会社から命令された、場合には具体的にいつまでに、とらなければならないのか、確認しておきましょう。
その他詳しい情報は、公式ホームページをご確認ください。

IIBCが運営するTOEIC 公式サイト のトップページです。TOEIC Program(英語テスト事業)、書籍・出版、…

 

TOIECテストで600点代をとるのは難しいことではない

急に600点と言われても、どれくらいの実力があればとれるか、イマイチ分かりませんよね。

ここで600点代のスコアを出すことが、どれくらいの難易度なのか、説明しておきます。

 

簡単に言うと、600点代前半で、だいたい英語検定2級レベルと言われています。

慶史
英語検定2級と言えば、高校卒業程度の学力を有していれば、合格できると言われています。

 

つまり、理論上は高校で学習する内容を、しっかりと理解できていれば、600点代前半の点数は十分とることができる、ということになります。

現在の日本では、ほんどの人が、高校を卒業した上で就職をしますので、高校でしっかりと英語を学習していたのであれば、誰でもとれるのです。

 

慶史
とはいえ、これはあくまで理論上であり、実際にTOEICの対策なしで600点代がとれるかといえば、難しいです。例えば、私は高校時代、センター試験(2019年度入試をもって廃止)で満点を取れるほどの実力がありましたが、TOEIC試験を対策なしで受験した結果、500点代でした。

 

TOEICテストを600点代にする具体的な方法

そうはいって、中には高校レベルの英語が理解できていない人もいるでしょう。

また、TOEICの具体的な学習方法が分からない人もいますよね。

 

そういった方のために、最後に、具体的なTOEICの対策方法について説明します。

 

TOEICの具体的な対策法は次の3つです。

 

・参考書

・スクールに通う

・スタサプを利用する

 

それぞれ詳しく解説していきます。

参考書

もっとも安い費用で対策をするのであれば、参考書の利用するのが良いでしょう

参考書であれば、1冊2,000円程度で購入が可能ですし、仮に実践問題数などをもう1冊追加したとしても、5,000円以内で対策が可能です。

 

参考書によって対策する場合に大切なことは

1冊を完璧にすること

です。

 

問題集というのは、数をこなせばこなすほど効果があると思われがちですが、そんなことはありません。

本当に効果の高い勉強法は、繰り返し学習です。

参考書で学習する場合は、1冊を完璧にすることを必ず実行してください。

 

基本的にどんな参考書でも、やりきればある程度の効果は期待できますが、今までTOEICを受けたことがないのであれば、塚田幸光著の「はじめてのTOEIC L&Rテスト全パート総合対策」をオススメします

この本1冊で、パート別の対策法から、問題演習、単語の暗記と全ての役割を果たしてくれます。

7年連続売上げNo.1のお墨付きですので、是非使ってみてください。

 

 

とはいえ、参考書の場合は全てを自力で勉強する必要がありますので、強い意志がなければ、やりきることは難しいと思います。

また、現時点で高校生レベルの英語知識がないのであれば、参考書のみで600点以上のスコアをとるのは難しいかもしれません。

英語に不安がある人は別の勉強法を考えた方が良いでしょう。

・英語の学力に自信がある人

・とにかく安い費用で、TOEICの学習をしたい人

スクールに通う

参考書を自力で勉強するのが難しいのであれば、スクーリングをするのも有効です。
スクールに通えば、決まったカリキュラムがあるため、確実に学習を進めることができます
「TOEIC対策をしてくれるスクールなんてそんなにたくさんあるの?」と思うかもしれませんが、例えば、英会話スクールで有名なECCやAEONといった企業でも、TOEICスクールは全国に展開されていますので、すぐに見つかると思います。
ただし、スクーリングはどうしても費用が高額になります。
ほぼ全てのスクールで、安くとも10万円以上、高いところですと30万円程度かかるところもありますので、ある程度の金額を用意する必要があります。
また、スクールごとに必要な授業回数は異なりますので、期限がある場合は、どれくらい期間が必要なのか、確認しておいてください。

・英語を基礎からやり直す必要がある人

・自分で計画通りに学習することができない人

スタサプを利用する

参考書だけやるのは難しい、でもスクールに通うほどの費用を準備することはできない。

たしかに、いくら会社からとるように言われたからといって、何十万円も支払うのは、簡単なことではないですよね。

 

そこで、利用を考えたいのが、スタサプです。

スタサプは、CMがよく流れているので、知っている人も多いと思いますが、有名英語講師関正生先生が、講師として活躍している、人気No.1アプリです

関連記事

・関正生先生とアイドルの関係について ・関正生先生の授業について   スタディサプリ(スタサプ)で、超人気英語講師として、活躍している関正生先生。 英語の授業は本当に分かりやすいと評判です。 […]

 

スマホ1台あれば、いつでもどこでも、好きなだけ英語の学習をすることが可能となります。

それでいて、料金は月々2980円(税抜)ですので、スクールに通うよりは、断然安くなります

 

さらに、半年契約の場合は月々実質2,780円(税抜)、1年契約の場合は月々2,480円(税抜)となるので、お得に利用することができます。

 

現在は、最大6,000円のキャッシュバックがある、キャンペーンを実施中のため、さらにお得になる可能性もあります。

 

スタサプを利用した人の多くが、大幅な点数アップを実感しているため、その効果は間違いありません。

 

あえて欠点をあげるのであれば、参考書と同じで、基本的に独学となりますので、質問することはできません

ただ、質問しなくても十分理解できるような、分かりやすい授業が配信されているので、そこまで気にしなくても良いでしょう。

 

TOEICの学習に悩んでいる人は、今すぐ登録して、明日の通勤時間から学習を始めてみては、いかがでしょうか?

・参考書で独学をする自信はないが、スクールに通うほどの費用は用意できない人

・まとまった学習時間を確保するのが難しい人

・関正生先生の授業を受講したい人

 

スタディサプリEnglishに申し込む

 

まとめ

今回は、TOEICテストで600点代をとることの難易度と、具体的な勉強法について、解説していきました。

もう一度整理すると、

 

・TOEICの600点台をとるには、英語検定の2級レベルすなわち、高校卒業程度の英語力が必要である。

・TOEICを勉強する方法は、参考書、スクール、スタサプの3つの勉強法がある。

・スタサプを利用すれば、比較的安い金額で、大きな効果が期待できるため、オススメである。

 

となります。

会社からTOEICをとるように言われたとしても、粟田得る必要はありません。

今回紹介した方法で、点数UP目指して学習に励みましょう。

最新情報をチェックしよう!